勤怠管理を効率的に?タイムレコーダーアプリのメリットや選び方を解説
勤怠管理を効率的に?タイムレコーダーアプリのメリットや選び方を解説

勤怠管理を効率的に?タイムレコーダーアプリのメリットや選び方を解説


タイムレコーダーアプリのメリットとデメリット

勤怠管理が効率的に行えるため、タイムレコーダーアプリが注目を浴びています。出退勤の記録や勤務時間の集計、給与計算までを自動化できることが魅力です。たとえば、紙製のカードに直接印刷するタイプのタイムレコーダーでは、働いた時間の合計までは自動化できます。しかし、時間給の場合は、個別の時給で計算し、所得税の計算などを人が行う手間がありました。タイムレコーダーアプリの導入で、この手間を省くことができるため、人件費のコストカットにつながるでしょう。

デメリットとしては、システムトラブルの際に、自社では対応できないことです。タイムレコーダーアプリの提供会社に対応を任せるしかなく、業務に支障をきたした場合の補償は、提供会社によって違いがあります。システムの利用料を含め、トラブルの際の対応や補償を把握したうえで、導入を検討しましょう。

タイムレコーダーアプリの選び方

タイムレコーダーアプリを選ぶときは、業務形態に適しているかが重要です。たとえば、外回りの営業が多い会社の場合は、個人のスマートフォンから出退勤を記録できるタイプのタイムレコーダーアプリが適しているでしょう。また、感染症対策に力を入れているなら、非接触で出勤時や退勤時を記録できる、顔認証機能を搭載したタイムレコーダーアプリも選択肢に入ります。タイムレコーダーアプリの利用料金は、提供会社によって違いがあります。利用料金が月額制だったり、一人当たりの月の管理費が決まっていたりする場合も。自社の従業員数なら、毎月いくらのコストがかかるかを把握しましょう。

タイムレコーダーは勤怠把握に使用する機器です。社員が出勤・退勤するときに打刻し、誰がいつからいつまで勤務したのか記録します。時間記録で労働者を守り、会社が法を順守していることを証明するために必要です。